Q & A

お問い合わせいただく際によくあるご質問とその回答を掲載しております。ご参考いただければ幸いです。他にもご不明な点、ご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。


Q1 〇〇県ではパラの選手の受け皿がまだなく、パラの方々もやりたいと手を挙げずにられるのだと思います。 〇〇県協会にパラの受け皿を作りたいと思っていますが、まず何から準備をしたらよいでしょうか?

 

A まずは体験会や練習会を単発で企画するのはいかがでしょうか?3種目すべて行うのはハードルが高いのでスイムorランのみでよいと思います。その時、ある程度のマンパワーが必要になってきますので、スイミングクラブやランニングクラブでパラ対応しているところを見つけ、ノウハウを学び、協力してもらうのもいいかもしれません。

 

また、一般クラブとのつながりや障がい者スポーツ協会との連携、練習会など企画のなかで、まずは1人でもいいのでパラトライアスロンにつながりそうな選手を見つけ、とことん関わりレースに導く。この地域にパラ選手がいるんだぞ!となれば、こまめに情報発信し続ける。そうすると自ずと次のステップが見えそうな気がします。

 

パラ支援は力を合わせる活動が重要です。様々な障がい者団体との連携、近隣他府県とも連携をして、活動情報を発信し続けることで、パラスポーツの普及発展につながることを願っています!

 


Q2 ブラインドの方のスイム練習はどのようにすればよいのかを教えてほしいです。視覚は少しある方です。ランニングはされていてスイムを始めたい方です。

 

A その方の水泳経験や見え方、見えにくくなった時期などさまざま要因がありますが、あまり特別な指導法があるわけではなく、水泳指導の基本は障がいの有無に関わらず一緒だと思ってます。

 

視覚障がいに配慮するという点では、

 

視覚的な情報を言葉にする

・プールに不慣れであれば、プールの利用方法や施設構造についても初めはサポートがいる。

・どんな泳ぎかを言葉で具体的にフィードバックする。

 

触覚にアプローチする(泳ぐ動きを実際に補助する又は触ってもらう)

 

とかを大事にしてたりします。

 

 あまり構え過ぎず、決めつけず、そのペアにあう形を見つけていけるといいですね!


Q3 視覚障がい者がトライアスロンを始めるのに初期費用はどれぐらい(金額)かかりますか?  

 

A もし、ゼロから用具を集めていくのであれば、20〜30万は必要かもしれません。大きな費用としてはやはりタンデムバイク(20万程〜)で、バイクの質にこだわると、どんどん跳ね上がっていくと思います。その他ではウエットスーツ(3万〜)、バイク関係備品(ヘルメットや必要であればバイクシューズ)の出費もあるかと思います。良いものを揃えだすと、どんどんお金は必要になりますし、もし周囲の方で、用具をシェアできたり、譲ってくれたりするのであれば安くつきます。

 

【レースに必要なもの】

□トライスーツ(トライウェア):レースで着用するウェア

□ウエットスーツ(スイム用)

□ゴーグル

□タンデムバイク

□ヘルメット

□バイクシューズ

□サングラス

□ランニングシューズ

□ゼッケンベルト

 

その他、レース出場において細かな準備はさらに必要かと思いますが、大きな準備としてリストアップいたしました。上記の情報は、これからレースをめざす選手の皆さまの現在の環境や目指すゴールにおいては個人差がありますので、何かご不明な点がありましたら遠慮なくご連絡いただければと思います。また、タンデムバイクは貸出しているところもあるので、地域のトライアスロン協会に相談してみるといいですよ!

 


Q4 見え方(弱視、全盲など)の違いでのクラス分けはないのでしょうか?

 

A PTVI(ブラインド)カテゴリーのクラス分けについて使用した資料を添付いたします。ご参照ください。(2022年1月10日現在)


Q5 □□県協会のTOとして、△△大会を長年参加しています。大会の運営についての質問ですが、パラ大会を開催するにあたり、パラトライアスロンのカテゴリーのみでは参加人数も少なく予算的に運営が厳しいと思います。他エイジカテゴリーとの併設や、他団体からの運営支援など行っている事例があれば教えてもらえますか。

 

A パラトライアスロンを身近に感じていただけていることをとても嬉しく感じております。

各大会において、パラ選手の受け入れの難易度を考えた場合、例外があることを前提に、以下の通りかと思います。

 

スタンディングカテゴリー

スタンディング+ブラインド

スタンディング+ブラインド+車いす

 

余裕のあるトランジションやスイムアップ後の下肢障がいのある選手へのフォロー

【大会例】

・蒲郡オレンジトライアスロン大会(愛知県) TRI2~5

 

※ここは、パラカテゴリーを設定せずとも、多くの大会でパラ選手がレースに出場していると思います。パラの部がない大会は、一般の部で申し込むことも可能ですが、受け入れ体制等状況に応じて各大会事務局が参加の可否を決定するので、直接各大会に問い合わせてみてください。

 

①に追加して、タンデムバイクの走行や、ガイドと選手が並走できるランコース設定

【大会例】

・みやぎ国際トライアスロン仙台ベイ七ヶ浜大会(宮城県) TRI2~6

・横浜シーサイドトライアスロン大会(神奈川県) TRI2~6

・手賀沼トライアスロン大会(千葉県) PTVI(スタンダードディスタンス)

・九十九里トライアスロン大会(千葉県) PTVI(スタンダードディスタンス、ミドルディスタンス)

・びわ湖トライアスロンin近江八幡(滋賀県) PTS2~5、PTVI(スタンダードディスタンス)

・みんなのチャレンジトライアスロンin丹波青垣(兵庫県) 肢体不自由の立位の選手(スタンディングのみ)、視覚障がいの選手、知的障がいの選手

 

①②に追加して、ハンドサイクルや車いすレーサーが走行できるコース設定やレース時間の設定

【大会例】

・ITU世界トライアスロンシリーズ横浜大会(神奈川県) TRI1~6

・千葉シティトライアスロン大会(千葉県) TRI1~6

・東京都トライアスロン渡良瀬大会(群馬県) TRI1~6

・さがえトライアスロンフェスティバル(山形県) TRI1~6(クラス外はオープンとする)

・長良川パラトライアスロン大会(岐阜県) PTWC、PTS2~5、PTVI

・グリーンパークトライアスロンin加西(兵庫県) PTWC、PTS2~5、PTVI

 

※大会例は2022年1月現在

 

また、の大会においても、パラトライアスロンのみの開催ではなく、パラのレース終了直後(または時間差スタートで)にエイジレースが開催されているので、仰るとおり【パラのみ】の開催は競技団体としても、人やお金、モノの準備が難しいのだと思います。ですので、いつものレースにどう工夫してパラを巻き込んでいくか、ここのアイデアがポイントとなるように思います。パラ支援はたくさんのエネルギーが必要で力を合わせる活動が重要です。TO等においても主管団体だけでなく、ブロック単位での協力、また、様々な障がい者団体との連携があると充実した体制につながるかもしれません。

 

これからも一緒にパラトライアスロンを盛り上げていきましょう!

 


Q6 パラトライアスロンの審判も活動をしていきたいと思ってます。今後どんな形で申し込みをしたらいいのでしょうか?

 

A 陸上や水泳は、日本陸上(水泳)連盟、日本パラ陸上(水泳)連盟と競技団体が分かれており、お互いが連携し合っているのですが、トライアスロンは、分かれておらず日本トライアスロン連合の中にパラが含まれています。よって、大会はパラ独自というものではなく、一般の大会と併催されていて、審判員も同じということになります。パラカテゴリーのある大会が少なくパラの審判をする機会もなかなか少ないと思いますので、パラの練習会に顔を出していただけると大変勉強になると思います(見学という形でも大丈夫です!)。練習会については、ホームページやブログで随時更新しておりますので、どうぞご覧くださいませ。

見とこ、知っとこ、パラトライアスロン

 

競技紹介、大会・練習会情報、イベントレポートなど、さまざまなパラトライアスロンに関する情報をご案内いたします。また、スポーツを通じて人生をより豊かに、そして、人々がつながり支え合う明るい未来を作り出していきます。

 

【運営】JTU近畿ブロックパラトライアスロン委員会 / 大阪府トライアスロン協会パラトライアスロン委員会