アジアトライアスロンパラ選手権2021 廿日市レポート


2021年4月24日(土)、25日(日)、広島県廿日市市で「アジアトライアスロン選手権 2021 廿日市」が開催され、初日にパラトライアスロンが行われました。世界的な新型コロナウイルス流行下での大会開催ということもあり、海外からの入国選手は最低3日間の隔離を条件に出場が認められました。選手の公平性の観点から日本選手も同様に隔離が必要になりました。トレーニング場所や時間の制限、PCR検査を行うなど、厳格な対策が施され、泡の中のように外部から隔離されたバブル形式で大会は行われました。

大会名:アジアトライアスロンパラ選手権(2021/廿日市)

開催日:2021年4月24日(土)7:30~

開催地:広島県廿日市市

競技:スイム750m(1周回)、バイク20km(4km×5周回)、ラン5km(1.6km×3周回)

平出 優人 選手(PTS5)

アジア選手権 2021 廿日市 体験談

(活動日程4/20-25、レース当日4/24)

 

〇現地での生活

4月20日に広島入り、レース翌日25日朝まで隔離生活となりました。現地入り前から何度もコロナのPCR検査を受ける必要がありました(合計7回!)。

現地ではトレーニング以外基本的に部屋にこもりっきりで、自分の部屋内とトレーニング時間以外は常にマスク着用するよう指示がありました。3、2日前にバイクトレーニングが1時間ほど。前日に試泳とジョグ。それ以外は部屋で軽く筋トレしたりして過ごしました。

食事はお弁当のため好きなものを選んだりはできず(持ち込みは可)、量の管理も難しかったです。美味しいものが沢山出てきたのですが、引きこもり生活だったので普段以上に動かず、少しエネルギー取りすぎたかなと思います。

現地入りする前の移動と待機時(屋外)は他の選手と話す機会が多かったので、普段のトレーニング内容の話だったり、バイク機材、ウェットスーツの仕様だったり、結構長い時間待たされましたが、思いの外時間は早く過ぎて行った様に思います。有益な情報を得ることができたかなと思います。とにかく皆さん仲がよい印象でした。ただホテルに入ると隔離のためほぼ交流する機会はありませんでした。

 

〇クラス分け

国際大会は今回が初出場だったため、これまでにクラス分けを受けていませんでした。今回は書類と提供したスイムとランの動画でひとまずPTS5に振り分けられたようです。正式には実際に障害の状態を見て分けられるため、このままの可能性もありますし、1つ重いクラスになる可能性もあるようです。この辺りもコロナの影響もあったのかなと思います。

 

〇現地でのレースに向けての準備

コロナの影響で大分制限がありました。レースについてはオンラインでの説明会となり、バイク、ランの試走はなく、バイクコースは自動車からの映像の共有と、前日にバスで走って確認するのみでした。スイムは前日に試泳が出来ました。水温が低くかなり冷たかったので慣れるまで心臓ばくばくで手足が結構冷えました。ただ前日に慣れたので本番は思ったより大丈夫でした。

 

〇レース振り返り

 

スイム: 入水するとやはり冷たかったですが、試泳もあったのでまずは落ち着いて泳げました。ただ、オープンウォーターでの練習が出来ていなかったのもあり、ほぼ1人で泳いでしまったことでブイを遠回りして、潮にも流されてしまったことはロスに繋がったと思います。

 

水温17.2℃(6:30) パラのスタートは飛び込みではなく、ポンツーンにつかまってスタートします! 左:平出選手

 

トランジション: 初めてエイジではないトランジションエリアを使用しましたが、広い!マットもしっかり敷かれているので走り易いですし、痛くないですね。これまでのレースを考えるととスムーズに行ったかなと思います。

 

バイク: 途中に結構な上りがあるのですが、それ以外は行ったり来たりの周回コース(5周)。登り終わって下ったら直ぐに折り返しだったので思った以上にスピードに乗りづらいコースという印象でした。落車しないようにだけは気をつけて走行しました。Uターンが苦手なので改めて基本的な技術を高めなければと思いました。

 

ラン: 周回コース(3周回)のほぼフラットなコースでした。もう少し最初から飛ばせば良かったのですが、最初思ったよりペースが上がらなかったのは残念でした。後半にかけてペースアップしたもののちょっと悔しいなという感想です。

 

平出選手のフィニッシュシーン。達成感に満ちていますね!

 

総括: トライアスロンの難しさを感じました。3種目とももう少し何かできた様な気もしますが、今のトレーニング内容を考えるとやはり実力通りの結果でしょうか。今回経験を積めたこと、また人との繋がりが広がったことは大きな財産になると思います。課題や改善点は多くあるので引き続き取り組んで行きたいと思っています。

 

表彰式 中央:1位 梶鉄輝選手 左:2位 佐藤圭一選手 右:3位 平出優人選手

 

最後ですが、まずはこの場を借りてトレーニング時間をくれる家族に感謝を述べたいと思います。またコロナ禍の中、大会を準備運営して頂いた関係者の皆様、以前より練習会などを通じて活動を支えて下さっている近畿のトライアスロン協会の皆様に厚く感謝したいと思います。

 

なお今大会は各部門のレースが You Tube でライブ配信されました。今回、パラ部門の完全生配信が国内で初めて実現!オリンピアンによる解説も好評で、今後も継続されることを期待しています!

【LIVE】アジアパラトライアスロン選手権(2021/廿日市)

【ハイライト】アジアトライアスロンパラ選手権(2021/廿日市)


見とこ、知っとこ、パラトライアスロン

 

競技紹介、大会・練習会情報、イベントレポートなど、さまざまなパラトライアスロンに関する情報をご案内いたします。また、スポーツを通じて人生をより豊かに、そして、人々がつながり支え合う明るい未来を作り出していきます。

 

【運営】JTU近畿ブロックパラトライアスロン委員会 / 大阪府トライアスロン協会パラトライアスロン委員会