アジアトライアスロンパラ選手権2021 廿日市レポート


2021年4月24日(土)、25日(日)、広島県廿日市市で「アジアトライアスロン選手権 2021 廿日市」が開催され、初日にパラトライアスロンが行われました。世界的な新型コロナウイルス流行下での大会開催ということもあり、海外からの入国選手は最低3日間の隔離を条件に出場が認められました。選手の公平性の観点から日本選手も同様に隔離が必要になりました。トレーニング場所や時間の制限、PCR検査を行うなど、厳格な対策が施され、泡の中のように外部から隔離されたバブル形式で大会は行われました。

大会名:アジアトライアスロンパラ選手権(2021/廿日市)

開催日:2021年4月24日(土)7:30~

開催地:広島県廿日市市

競技:スイム750m(1周回)、バイク20km(4km×5周回)、ラン5km(1.6km×3周回)

山田 陽介 選手(PTVI3)

パラ水泳出身の山田選手。得意なスイムは1位で上がってきました!

 

「バイク種目が他の種目と比較して弱点なので、持久力などの強化が必要ですね。タンデムバイクに乗ることでお互いの気づきなどを発見できるので、ガイドさんとの練習時間を確保する必要もあります」と課題点を分析していました。

 

「過去のレースと比較して、各種目やトランジションでの対応が向上していることが実感できたのは嬉しいこと。これまでの練習が成果として現れたレースになったと思う」と話してくれました。

 

「アジア選手権3位、初メダル初表彰台でした。前回大会2019年より日々の練習の成果が出たので大変嬉しく思います。皆さんの応援、パワーもたくさんもらい大感謝です!優勝を目指していましたが一歩ずつ階段をのぼっていきます。引き続きパラトライアスロン山田陽介をよろしくお願い致します。本当にありがとうございました!」

 

レース後の水野ガイドと山田選手。

 

なお今大会は各部門のレースが You Tube でライブ配信されました。今回、パラ部門の完全生配信が国内で初めて実現!オリンピアンによる解説も好評で、今後も継続されることを期待しています!

 

【LIVE】アジアパラトライアスロン選手権(2021/廿日市)

【ハイライト】アジアトライアスロンパラ選手権(2021/廿日市)


見とこ、知っとこ、パラトライアスロン

 

競技紹介、大会・練習会情報、イベントレポートなど、さまざまなパラトライアスロンに関する情報をご案内いたします。また、スポーツを通じて人生をより豊かに、そして、人々がつながり支え合う明るい未来を作り出していきます。

 

【運営】JTU近畿ブロックパラトライアスロン委員会 / 大阪府トライアスロン協会パラトライアスロン委員会