グリーンパークトライアスロンin加西~デュアスロン~


加西大会は、パラトライアスロンのPTWC(シッティング・座位・車いす)を含む全カテゴリーのエントリーを受け付けている全国でも数少ない大会です。今年は過去最多の13名のパラ選手が出場されました。

 

PTWC 2名、PTS2 3名、PTS3 1名、PTS4 1名、PTS5 2名、PTVI 4名

 

大会名:グリーンパークトライアスロンin加西~デュアスロン~

開催日:2021年9月26日(土)10:00~

開催地:兵庫県加西市

競技:ラン1.4km(1.4km×1周回)、バイク18km(9km×2周回)、ラン4.8km(4.8km×1周回)

 

今年の加西大会は、コロナ禍での開催のため、以下の対策を徹底した運営が行われました。

  • 参加許可選手は、大会開催日の2週間前から健康・行動チェックをします。
  • 参加選手全員に抗原検査を実施します。
  • 選手間の接触を避けるため、競技説明会は実施せず、オンライン競技説明会を行います。
  • 参加者及びスタッフは、当日の体温チェック、手指消毒、マスク着用をしています。なお、スタッフは手袋も着用します。
  • 接触をさけるため、参加選手にはQR Check-in(QRコード)による受付を行います。
  • 5秒間隔でスタートするローリングスタートを採用しています。
  • 参加選手の密を避けるため、バイクラックの間隔を広げています。
  • エイドスタッフとの接触を避けるため、エイドでペットボトルを並べた支給の方法をとります。
  • 昨年までのふるまいや飲食ブースの出店は行いません。
  • 開会式、閉会式、表彰式は行いません。
  • スタート前、ゴール後はコロナ対策スタッフが会場を巡回します。
  • 参加選手全員に抗原検査を実施します。
  • 沿道での感染対策として、スタッフがプラカードで観戦自粛の呼びかけを行います。
  • 駐車場に観戦自粛の看板を設置します。
中蔦 麻希 選手(PTVI)

 

今回パラデュアスロンに出ようと思ったのは、1年くらい前から石飛教室で自転車の乗り方から教えてもらい、その成果の発表会の場として参加してみることにしました。最初は大会なんて出たこともないし全く自信がありませんでしたが、1年間練習をすることによってどこかでその発表がしたいと思い石飛さんに今回の大会のことを聞きました。それで出ようと思いました。

 

加古川でのブリック練習(バイク→ラン)の様子です。

 

麻希ちゃん「風を切って走れるタンデム自転車は気持ちよくて最高です!!!」

 


加西大会での競技風景です!


ランは自信が全然なかったのですが当日は自分が想像していたよりも走ることができました。でもランはやっぱりしんどかったです。ランのときのエイドのお水が今までで飲んだお水の中で一番おいしいと感じました。

 

今回はタイムよりも完走することを目標に大会に出場したので完走できて本当にうれしかったです。正直完走できないと思っていたので2時間を切れてよかったです。みなさんの応援も力になりました。ありがとうございました。来年も大会が行われれば参加したいと思います。少しでも今回のタイムより早くゴールしたいです。

 

大会結果は当日に知ることができたのは良かったですが、音声読み上げができるパソコンから見ないといけないPDFは視覚障害の全盲者にとっては少し不便だなと感じました。スマートフォンからでも音声読み上げを使ってアクセスできるよう工夫があればなと感じました。

 

木倉ガイドより。

彼女は体にもハンデは有りますがタンデムに乗るのが楽しいようで、ランニングは少しずつ頑張ってくれれば良いと思ってます。次回は是非取り組んでいるスイムも楽しめたらと思ってます。怖さや不安を知らない彼女は素晴らしい挑戦だったと思います。

 

 

トライアスロンは誰でもいつでも楽しむことができます!

選手としてやってみたい方、ガイドやハンドラーとして選手をサポートしたい方、ご意見、ご質問、メッセージ等々お気軽にお問い合わせください。また、タンデムバイクの体験・練習をすることも可能です。事前にご連絡ください。参加者多数の場合はお待ちいただく場合もございます。

 

\(^o^)/一緒に楽しみましょう\(^o^)/

見とこ、知っとこ、パラトライアスロン

 

競技紹介、大会・練習会情報、イベントレポートなど、さまざまなパラトライアスロンに関する情報をご案内いたします。また、スポーツを通じて人生をより豊かに、そして、人々がつながり支え合う明るい未来を作り出していきます。

 

【運営】JTU近畿ブロックパラトライアスロン委員会 / 大阪府トライアスロン協会パラトライアスロン委員会